NK療法を行おう|病気を改善するための治療方法

改善しよう

頚椎椎間板ヘルニアの症状等について

頚椎椎間板ヘルニアとは、頚部に起きる椎間板ヘルニアの事を言います。椎間板ヘルニアとは、椎間板に何等かの理由で亀裂が入り、内部にある髄核が外に飛び出した状態を指します。椎間板は椎骨同士の間でクッションのような役割をしている部分です。その部分に異常が起きる事で、様々な症状を引き起こします。 頚椎椎間板ヘルニアの代表的な症状としては、手足の痛みや痺れ等といった神経症状があります。それ以外にも首の痛みや肩こり等があります。ただ、首の痛みや肩こりは、頸椎椎間板ヘルニア以外の疾患でも起こります。 また、脊髄や脊髄から枝分かれした神経根が圧迫されると、手足で先端にいくほど強くなる痺れ等が起こります。この痺れは両側だけでなく、片側だけに出る事もあります。ひどいと文字を書いたり、洋服のボタンを留めたりするのも困難になります。

具体的な治療方法について

頚椎椎間板ヘルニアの治療は神経根や脊髄等のうち、どこに障害が起きているかによって治療方法が異なってきます。そのため、治療に際しては障害が起きている場所を特定する事が大切になります。 障害が脊髄で起きている場合には、速やかに手術を行なうのが基本になります。なぜならば、脊髄で障害が起きている場合には、手足の痺れ等の症状が進行していく恐れがあるからです。椎間板を削って、飛び出た部分を摘出する等の手術が行なわれます。 障害が神経根で起きている場合の治療方法としては、保存療法を行なうのが一般的です。患部を安静にして、消炎鎮痛剤やステロイド薬を使って治療を行ないます。 また、それ以外の方法として、マッサージで頚椎椎間板ヘルニアの症状を緩和するという考えもあります。ただ、マッサージは痛み等を和らげる効果はあっても、症状そのものを治すのは難しいです。場合によっては、逆に悪化させる可能性もあるので注意が必要です。