NK療法を行おう|病気を改善するための治療方法

胃のがん

現在早期胃がんの治療でよく行われているのが、胃内視鏡的粘膜下層剥離術です

胃がんの原因は、塩分を多く摂る食生活やピロリ菌、ストレスなどが挙げられます。そのため、比較的塩分量の多い日本食を好む日本人にとっては、世界と比較して胃がんの発症率が高いです。 胃がんになると、肝臓や腹膜などに転移することが多く、発見が遅れると命を落とす危険もあります。しかし、現在では人間ドックにおける胃バリウム検査や胃内視鏡検査などの精度があがり、初期ではほとんど無自覚な胃がんを早期に発見することも可能となってきました。 胃がんの早期では、胃内視鏡的粘膜下層剥離術という治療を行うことが現在のトレンドです。この手術は内視鏡で病巣を取り除くというものなので、開腹手術よりも負担が少なく、治りも早いのが特徴です。

胃内視鏡的粘膜下層剥離術の専門家は、消化器科の医師です

胃内視鏡的粘膜下層剥離術という治療を行うのは、消化器科の医師です。このような治療では、内視鏡の高度な技術と知識が求められます。そのため、消化器科の医師の中でも、胃カメラ検査や大腸内視鏡検査などの検査を常時行っている医師の方が、治療が成功する期待が高いです。 また、胃内視鏡的粘膜下層剥離術を行う際には、看護師による補助が必要です。この手術は主に内視鏡室と呼ばれるところで行われることが多く、そこに所属している看護師が医師の補助を行っています。 このような看護師の仕事内容は、治療に関する説明を行ったり、医師の指示による薬剤の投与、治療中やその前後の患者さんの状態を把握することなどがあります。また、治療の状況を病棟看護師に伝えることも仕事のひとつです。